今月のTABLE

お花にケーキでティータイムを

 1990年頃(なんと20年前!)「地球の歩き方」の取材でカナダを1人で回っていました。カナダはケベックなどフランス文化の地域とオタワなどイギリス文化の地域があって、イギリス地域のドライブインや、カフェなどに必ずあったのが、大きなスコーンでした。頼むと温めてくれるこれが、とにかくおいしくて、スコーンにはまり、あちこちで食べるようになりました。どれも、イギリス本国の気取ったティールームやホテルで出てくるスコーンとは違った、ほっとする味で、なにより、ふんわり、しっとり、そして大きいのが気に入りました。(のちにアイルランドやイギリスの田舎でも同じようなスコーンに出会いましたが) 自分でも、似たものを作れるようになったのはしばらくたってからのことで、それまでは、海外取材のたびにスコーンを見つけては食べていたものです。今では、スコーンやパウンドケーキ、マドレーヌは手作りに限ると思っています。お客様を迎える前、掃除をしながら、お花を飾り、ケーキを焼きつつ、どの食器を使おうかなとテーブルコーディネイトするのは至福の時間でもあります。さて!6月6日には、HappySpoonのテイスティングパーティ第2弾として、「SALON DU BERRIES」を開催することになりました。新宿御苑近くの紅茶のお店で、やきたてのスコーンにいろいろなベリーコンフィチュールを合わせて楽しむというエレガントな集いでございます。お楽しみに!詳しくはhttp://hapisupu.blog90.fc2.com/